らくらく家財宅急便でドラム式洗濯機を運ぶのはおすすめしない理由

どうも私は引っ越し運が悪いようで、毎回必ず何らかのトラブルに巻き込まれます…。

近場へ引っ越しにあたり、ドラム式洗濯機だけヤマトホームコンビニエンスの「らくらく家財宅急便」で輸送設置をお願いしたのですが、問題児の担当に当たってしまいました。

  1. 洗濯機置場に入るはずのドラム式洗濯機を、おそらく面倒臭かったという理由で「入らない」と言われた(何度も「難しい」「無理」など否定的な独り言を言っている
  2. なんとか設置してもらったが、通電確認含めた動作確認を一切されないまま帰られてしまった。養生テープはそのまま、近くのバスマットもぐちゃぐちゃで放置された。
  3. 1と2についてコールセンターにクレームをした数日後、固定ボルトのカバーが取り付けられていないことに気が付き連絡したら「袋に入れて渡した」とウソをつかれた。そもそも受け取っていないのと、本来は輸送後固定ボルトを外したタイミングでつけるものなので、仮に事実だったら「なぜカバーをつけずに客へ渡したのか」も疑問。

普通に考えて1と2の部分だけでも、担当者の品性を疑う内容だったのですが、クレームを入れて責任者から謝罪してもらって数日後に、さも当たり前のようにウソをつかれた+仮に事実でもサービス内容の不備に変わりがない(補足やお詫びもなし)という状況です。

行き当たりばったりな言い訳ばかり。自分のことしか考えていない人なんでしょうね…。

もちろん担当者全員が悪いわけではないでしょうし、現にその後来た担当の人はとても丁寧に対応してくれました。担当者によって当たりハズレがあるというだけの問題ではありますが、ドラム式洗濯機という単価の高いもので、ここまで大外れを引いてしまうとは。

ちなみに以前、日通さんを使った時は神対応でした。4人ぐらいで来て、設置が難しそうな場所にも関わらずスムーズに移動+設置まで丁寧にやってくれたのです。日通さんは今は家財の輸送のみはやってないのでヤマトに頼んだのが、今回は仇になりましたね…。

今回のケースは委託ではなく、ヤマトホームコンビニエンスの社員さんだったので「委託を使わないで」と伝える防衛策も使えません。ドラム式洗濯機に限らず、輸送や設置の難易度の高そうな案件については、らくらく家財宅急便はおすすめできないでしょう。